h29.01集合写真初回のご相談は無料です! お気軽にお申込みください! 

お電話でのお問い合わせは>>>0263-88-2514 

メールでのお問い合わせは>>>http://www.uehara-k.com/category/581903.html

 

 
H29.7.12 『経理自動化セミナー』を開催します

社長!経理作業からそろそろ解放されませんか?
社長が経理に時間を割かれていては、経営が立ち行きません。
これを機会に、経理業務の効率化を考えてみませんか?
クラウドを最大限活用して、経理業務を効率化する方法を大公開!
実際に経理自動化をしてみてどうだったか?
実体験を交えて、今の経理の現状と今後の展開を
ITコーディネータ資格(経済産業省推進資格)を持つ当社の原が
そのメリット、デメリットをお話しします。
 
詳細はこちら

新しくご契約いただいたお客様より、お声を頂戴いたしました H29.5.26

このたび、新しくご契約いただきましたお客様より、
当社アンケートへのご回答を頂戴しましたのでご紹介いたします。
詳細はこちら

新しくご契約いただいたお客様より、お声を頂戴いたしました H29.5.25

このたび、新しくご契約いただきましたお客様より、
当社アンケートへのご回答を頂戴しましたのでご紹介いたします。
詳細はこちら

講師出張サービスのご案内
h29.01会議風景講師出張サービスします!

上原会計事務所では講師出張による従業員様向けの勉強会サービスをおこなっております。
「従業員に伝えたい事があるけど、上手く伝えられない」、
「経営数字の考え方を学んでほしいけど、教えられない」など
経営者様のお悩み解決策の一つとしてお使いください。詳細はこちら

上原会計通信 平成28年12月号

ニュースレター12月号は以下の内容をお届けいたします。

 

《 通常版 》

●平成28年度分年末調整 留意すべき4つのポイント

●10月より大幅引上げとなった地域別最低賃金

●産業別比較 従業者1人当たり付加価値額

●AIの導入状況とその役割

●お仕事備忘録

●お仕事カレンダー

 

《 医療機関版 》

●医療施設数 病院は減少、診療所は増加

●平成26年度 国民医療費は人口1人当たり32万1,100円

●男女別 外来患者の病院を選んだ理由

●医療機関でみられる人事労務Q&A

 『就業規則を周知しない場合のリスクとは・・・』

●事例で学ぶ4コマ劇場

 今月の接遇ワンポイント情報 『声掛け』

 

《 福祉施設版 》

●改正社会福祉法、施行に向けての動き

●介護サービス事業者を選ぶ際に「特に」重視した点

●福祉施設でみられる人事労務Q&A

 『就業規則を周知しない場合のリスクとは・・・』

●事例で学ぶ4コマ劇場

 今月の接遇ワンポイント情報 『声掛け』

 

上記ニュースレターに加えて、当社からのお知らせとして

 ▽年末調整準備のお知らせ

 ▽個人住民税の特別徴収の納付期限のお知らせ

 ▽個人事業者消費税中間申告のお知らせ

も掲載しておりますので、ぜひご覧ください〜!

 

※画像をクリックしますとPDFでご覧いただけます。

2016年12月号通常版.jpg  2016年12月号通常版-2.jpg  2016年12月号通常版-3.jpg  2016年12月号通常版-4.jpg

    《 通常版 》        《 医療機関版 》       《 福祉施設版 》      《 お知らせ物 》

【h28.11.08】当社のランチミーティング

 当事務所では毎月月初会議を行っていますが、そのお昼に皆でご飯を食べに行っています。

11月月初は近所の天ぷら屋さん。

基本的に従業員さんがお店を選んで決めています。

 

IMG_2021.JPGIMG_2020.JPG

当日は一人欠席で全員はそろわなかったのですが、その方には悪いですが、とってもおいしくたらふくいただきました。

 

ランチミーティング(といってもランチ中はミーティングしていませんが)は、

会社社員の交流の場として設けたものです。

我々の仕事は、外出半分、内勤半分ですが、

内勤中は黙々と計算したり、考えたりの作業に取り掛かるため、

事務所内は静まりかえっています。

なので、少しでも話をする機会を設けたいと思い、始まりました。

(もちろん、お昼代は会社もち)

さて、次回はどこのお店になりますか。

皆様の会社ではどのようなコミュニケーションを図られていますか?

 

 

 

免責事項

上原会計事務所および株式会社創明経営のホームページで掲載されている情報は、掲載日時点での税法等に基づくものであり、一般的な取扱いについて掲載しています。税務判断は個々の事例によって変化するものです。また税制は常に改正がされているため、過去の記事については現在の税制とは違ってくる場合もございます。税務の判断をする際には、必ず顧問税理士や税務署にご確認をお願いいたします。当ホームページの情報によって誤った判断、解釈をされてしまった場合においても、当事務所では責任を負いかねますのでご了承ください。