h29.01集合写真初回のご相談は無料です! お気軽にお申込みください! 

お電話でのお問い合わせは>>>0263-88-2514 

メールでのお問い合わせは>>>http://www.uehara-k.com/category/581903.html

 

 

新しくご契約いただいたお客様より、お声を頂戴いたしました

このたび、新しくご契約いただきましたお客様より、

当社アンケートへのご回答を頂戴しましたのでご紹介いたします。

クリックでPDFがひらきます。

(※お客様にご了承いただいた上で、掲載させていただいております)

 

 

【上原会計事務所への問い合わせをしたきっかけを教えてください】

友人知人の紹介

 

【上原会計事務所の印象はどうでしたか】

紹介者からとても対応が良いと言われていた。

実際に対応してくれた方は、しっかりと当社の実情を把握した上で、契約条件を提示していただき、大変助かった。

 

【このたび、契約の決め手となった理由はなんですか】

当社の実情に合った条件を提示していただいたこと。

今後は、事業の拡大に伴って、随時、契約条件も見直しができるといったアドバイス。

 

【以前に利用されていた会計事務所に関してお伺いいたします】

<以前、別の会計事務所を利用されていましたか?>

はい

<「はい」と回答された方にお伺いします。変更されたのはどのような理由からですか?>

コストを下げたい。

コストの中で提供していただけるサービスの範囲をはっきりさせたい。

<「はい」と回答された方にお伺いします。他社と比較して、上原会計事務所の良かった点はどこですか?>

担当者の対応。

 

【今後、会計事務所に求めていることはなんですか】

税務、財務のアドバイス。

マーケティング上のアドバイス。

 

 

アンケート回答へのご協力をいただきましてありがとうございました。

お客様の声をもとに、さらなるサービス向上に努めてまいります。

今後とも上原会計事務所をよろしくお願い申し上げます。

新しくご契約いただいたお客様より、お声を頂戴いたしました

このたび、新しくご契約いただきましたお客様より、

当社アンケートへのご回答を頂戴しましたのでご紹介いたします。

クリックでPDFがひらきます。

(※お客様にご了承いただいた上で、掲載させていただいております)

 

 

【上原会計事務所への問い合わせをしたきっかけを教えてください】

友人知人の紹介

HP

 

【上原会計事務所の印象はどうでしたか】

とても良い

 

【このたび、契約の決め手となった理由はなんですか】

評判を聞いて。

上原先生の的確なアドバイスと、担当者の原さんの人柄の良さ(何でも相談できる)。

お話ししてみて、納得できた。

悩みが解決できました。

 

【以前に利用されていた会計事務所に関してお伺いいたします】

<以前、別の会計事務所を利用されていましたか?>

はい

<「はい」と回答された方にお伺いします。変更されたのはどのような理由からですか?>

誠意を持った対応をしてもらえなかった

<「はい」と回答された方にお伺いします。他社と比較して、上原会計事務所の良かった点はどこですか?>

担当者の方の対応が、前と比べてとても良い。

細かい指導。面倒くさがらず気持ちよく対応してくれる。

コンサルティング的なお話をしてくれて、心強い。

 

【今後、会計事務所に求めていることはなんですか】

コンサルティング的な細かいアドバイス

 

 

アンケート回答へのご協力をいただきましてありがとうございました。

お客様の声をもとに、さらなるサービス向上に努めてまいります。

今後とも上原会計事務所をよろしくお願い申し上げます。

H29.7.12『経理自動化セミナー』へのお申し込み、誠にありがとうございます。

『経理自動化セミナー』へのお申し込み、

誠にありがとうございます。

 

追って、開催概要等をお知らせいたしますので、

今しばらくお待ちください。

 

なお、開催1週間前になっても弊社よりご連絡なき場合には、

恐れ入りますが下記弊社担当者までご連絡をお願いいたします。

 

株式会社 創明経営

担当:高附 千野

電話:0263-31-6788

経理自動化セミナーを開催いたします

〜経理新時代〜

社長!経理作業からそろそろ解放されませんか?

社長が経理に時間を割かれていては、経営が立ち行きません。

これを機会に、経理業務の効率化を考えてみませんか?

 

7月12日(水)に、経理自動化セミナー』を開催いたします。

 

クラウドを最大限活用して、経理業務を効率化する方法を大公開!

インターネットバンキング、クレジットカード、スキャナ、スマートフォン、、、。

様々に便利なツールができている中で、経理についてもかなり自動化が進んできています。

 

実際に経理自動化をしてみてどうだったか?

実体験を交えて、今の経理の現状と今後の展開を

ITコーディネータ資格(経済産業省推進資格)を持つ当社の原が

そのメリット、デメリットをお話しします。

 

〜〜〜開催概要〜〜〜

→受付終了しました

◆開催日時 平成29年7月12日(水)

         15:00〜17:00(受付開始14:30)

◆会   場 松本商工会館 302会議室

◆参加費用 1,000円(税込)

◆お申込み 先着順にて、お電話、もしくは下記チラシを印刷の上、FAXにてお申し込みください。

        下記のフォームからでもお申込みいただけます。→受付終了しました

◆連絡先  株式会社 創明経営  担当:千野(ちの)、高附(たかつき)

        TEL:0263-31-6788  FAX:0263-88-2516

チラシ(クリックで開きます)

チラシJPEG.jpg

 

お気軽にお問い合わせください。

Facebookも、ぜひご覧ください。

お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
会社名(必須)

(例:山田商事株式会社)
住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
FAX

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
ご質問等ありましたらご自由にご記入下さい
※2500 文字以内でお願いします
メールアドレス(確認)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

上原会計通信 平成29年6月号

ニュースレター6月号は以下の内容をお届けいたします。

 

《 通常版 》

●賃上げへのインセンティブ「所得拡大促進税制」の見直し

●今年度も実施される協会けんぽの被扶養者資格の再確認

●転職者の現在の職場における満足度

●企業がクラウドサービスを使う理由とその効果

●お仕事備忘録●お仕事カレンダー


《 医療機関版 》

●医療の広告規制に見直しの動き

●医療法人1法人あたりの交際費の推移

●医療機関でみられる人事労務Q&A

 『勉強会参加は労働時間となる?』

●事例で学ぶ4コマ劇場

 今月の接遇ワンポイント情報『ながら動作』


《 福祉施設版 》

●社会福祉充実残高、提出期限迫る

●福祉施設等での腰痛予防対策の取組状況

●福祉施設でみられる人事労務Q&A

 『勉強会参加は労働時間となる?』

●事例で学ぶ4コマ劇場

 今月の接遇ワンポイント情報『ながら動作』

 

《 当社お知らせ物 》

●住民税の特別徴収(特納)の納付期限のお知らせ

●消費税中間申告のお知らせ(個人事業主様)

 

※画像をクリックしますとPDFでご覧いただけます

2017年6月号通常版.jpg  2017年6月号医療機関版.jpg  2017年6月号 福祉施設版.jpg  h29.5当社お知らせ物.jpg

    《 通常版 》       《 医療機関版 》      《 福祉施設版 》      《 お知らせ物 》

29.09.10遺言書セミナー

遺言書の考え方・書き方・遺し方
=実行される遺言書を書こう=
9月10日(日)長野県松本市にて、セミナーを開催いたします!
 
詳細はこちら

社員募集のお知らせ

【平成29年7月更新情報!】正社員募集のお知らせ
一緒に当社を盛り上げてくれる従業員を募集しています!
詳しい募集要項につきましては、こちらをクリックして下さい

 
 

講師出張サービスのご案内
h29.01会議風景講師出張サービスします!

上原会計事務所では講師出張による従業員様向けの勉強会サービスをおこなっております。
「従業員に伝えたい事があるけど、上手く伝えられない」、
「経営数字の考え方を学んでほしいけど、教えられない」など
経営者様のお悩み解決策の一つとしてお使いください。詳細はこちら

免責事項

上原会計事務所および株式会社創明経営のホームページで掲載されている情報は、掲載日時点での税法等に基づくものであり、一般的な取扱いについて掲載しています。税務判断は個々の事例によって変化するものです。また税制は常に改正がされているため、過去の記事については現在の税制とは違ってくる場合もございます。税務の判断をする際には、必ず顧問税理士や税務署にご確認をお願いいたします。当ホームページの情報によって誤った判断、解釈をされてしまった場合においても、当事務所では責任を負いかねますのでご了承ください。