2018.01.09 全体写真初回のご相談は無料です! お気軽にお申込みください! 

お電話でのお問い合わせは>>>0263-88-2514 

メールでのお問い合わせは>>>http://www.uehara-k.com/category/581903.html

 

 

【h29.12.22】すべての事業者に関係します!準備は大丈夫?消費税軽減税率!

平成31年10月1日から実施されることが決定している消費税率のアップと軽減税率制度。
軽減税率制度はかなり複雑で、消費税率8%と10%が混在することになります。

8%の軽減税率が適用されるのは、
・飲食料品(お酒や外食サービスは除く)
・週2回以上発行される新聞(定期購読されるものに限る)

となっていますが、
飲食店で食べるものを持ちかえった場合にはどうなの?
贈答用の食品はどうなの?
といった様々なパターンに対応し、区分していかねばなりません。

「飲食店は大変ね〜」と他人ごとではありません。

それらを購入する側の会計処理でも
区分して処理する必要があります。

どの事業者にも関係してくるのです。


また、「複数税率対応レジの導入支援」「受発注システムの改修等支援」といった
補助金制度もありますので
該当事業者は内容をお早目に確認し、対応しておくべきです。

 

下記「ミラサポ」ではそれらをまとめてHPで紹介していますので、
一度目を通しされることをお勧めします。


https://www.mirasapo.jp/features/policy/vol53/

【h29.12.15】当社では初のお泊り忘年会!

IMG_1234.JPGIMG_1239.JPG 

上原会計事務所は開業して13年たちました。

今回は初のお泊りでの忘年会!

浅間温泉の玉の湯さんで、 

温泉&お食事&部屋飲み&朝食&朝風呂 

です!

残念ながら一名都合により不参加となってしまいましたが。

楽しい時間を過ごせましたね。

なぜかカラオケが置いてあったので、歌ってしまうことに。

(ちゃんとカラオケ代、お金かかっていました〜)

 

この勢いで、来年も良い年にしていきましょう!

*またもやおしゃべりに夢中で、お食事の写真を撮るのを忘れました。

 

 

 

上原会計通信 平成30年1月号

ニュースレター1月号は以下の内容をお届けいたします。


《通常版》

●1月から給与の源泉徴収が変わる!扶養親族等の数の改正

●労働基準監督署が担う役割とは

●中小企業の賃金引上げ割合は66.1%に上昇

●企業が考えるAIの影響と活用目的

●お仕事備忘録 

●お仕事カレンダー 


《医療機関版》 

●認定医療法人の追加要件で新様式

●集団的個別指導の元となる診療科別平均点数(1)

●医療機関でみられる人事労務Q&A

 『職員に喫煙を控えるよう指示してもよいのでしょうか?』

●事例で学ぶ4コマ劇場

 今月の接遇ワンポイント情報 『名前の間違い』 


《福祉施設版

●サービス別に見る 給与費の割合

●増加する男性介護者と介護時間

●福祉施設でみられる人事労務Q&A

 『職員に喫煙を控えるよう指示してもよいのでしょうか?』

●事例で学ぶ4コマ劇場

 今月の接遇ワンポイント情報 『名前の間違い』 


《相続版》

●相続税の脱税事情

●相続を放棄した場合、相続税の計算はどうなる?

●亡くなった方の名義の建物を取り壊すには

●相続対策の賃貸住宅、子が相続したくないと言う…

●加齢に負けない健やかな髪と頭皮へ

 

上記ニュースレターに加えて、当社からのお知らせとして

★安心老後のために“iDeCo”を活用しよう

★棚卸資産 確認のお願い


も掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

 


※画像をクリックしますとPDFでご覧いただけます。

2018年1月通常版..jpg2018年1月号医療施設版.jpg2018年1月号福祉施設版.jpg2017年相続版冬号.jpgお知らせ表紙.jpg

 《通常版》     《医療施設版》      《福祉施設版》         《相続版》       《お知らせ物》

講師出張サービスのご案内
h29.01会議風景講師出張サービスします!

上原会計事務所では講師出張による従業員様向けの勉強会サービスをおこなっております。
「従業員に伝えたい事があるけど、上手く伝えられない」、
「経営数字の考え方を学んでほしいけど、教えられない」など
経営者様のお悩み解決策の一つとしてお使いください。詳細はこちら

免責事項

上原会計事務所および株式会社創明経営のホームページで掲載されている情報は、掲載日時点での税法等に基づくものであり、一般的な取扱いについて掲載しています。税務判断は個々の事例によって変化するものです。また税制は常に改正がされているため、過去の記事については現在の税制とは違ってくる場合もございます。税務の判断をする際には、必ず顧問税理士や税務署にご確認をお願いいたします。当ホームページの情報によって誤った判断、解釈をされてしまった場合においても、当事務所では責任を負いかねますのでご了承ください。