201708集合写真.JPG初回のご相談は無料です! お気軽にお申込みください! 

お電話でのお問い合わせは>>>0263-88-2514 

メールでのお問い合わせは>>>http://www.uehara-k.com/category/581903.html

 

 

書面添付制度

税理士法第33条の2第1項に規定する添付書面(以下省略して「書面添付」といいます) は、税理士がその企業の税務申告を行う上で確認した内容などを記載し、 申告書とともに税務署へ提出するものです。

 

【書面添付のメリット】 

・税務調査が少なく、また調査自体が簡単になる可能性があります。

・税務調査が行われる際に、事前に税務署から調査内容等が知らされ、 税理士側が意見を十分に述べることができます。

 その結果、調査自体が行われない可能性もあります。

・税理士からの保証書ですので、税務署からの信頼度も高くなり、企業の評価の向上につながります。

 また金融機関からの評価にもつながります。

 

 【書面添付に書かれている内容】

・申告書作成の上で、重要な事項について、どんな書類を確認し、 どんな計算や整理をしたのか。

・前年と比較して顕著な増減が見受けられる事項について、 具体的に、どのような理由から増減したのか。

・会計処理方法に変更等があった事項について、具体的に、 どのような理由から、 どのような方法に変更したのか。

・相談に応じた事項について、具体的に、どのような相談があり、 それに対してどのような指導又は確認をしたのか。

 大まかには以上の内容を記載し、申告書に問題はありませんよという事を税務署側に伝える内容となります。

 

 

講師出張サービスのご案内
h29.01会議風景講師出張サービスします!

上原会計事務所では講師出張による従業員様向けの勉強会サービスをおこなっております。
「従業員に伝えたい事があるけど、上手く伝えられない」、
「経営数字の考え方を学んでほしいけど、教えられない」など
経営者様のお悩み解決策の一つとしてお使いください。詳細はこちら

免責事項

上原会計事務所および株式会社創明経営のホームページで掲載されている情報は、掲載日時点での税法等に基づくものであり、一般的な取扱いについて掲載しています。税務判断は個々の事例によって変化するものです。また税制は常に改正がされているため、過去の記事については現在の税制とは違ってくる場合もございます。税務の判断をする際には、必ず顧問税理士や税務署にご確認をお願いいたします。当ホームページの情報によって誤った判断、解釈をされてしまった場合においても、当事務所では責任を負いかねますのでご了承ください。