2018.01.09 全体写真

 

初回のご相談は無料です! 

お気軽にお問い合せください!  


【消費税シリーズ 第2回】 消費税が改正されます!〜消費税率の引き上げと経過措置〜

消費税改正に伴う3回シリーズの2回目です。

今回は消費税率の引き上げと、経過措置について見てゆきましょう。

 

◆税率の引上げ

現行の税率を以下の通りに、2段階を経て引き上げることとなっています。

  

≪現行≫ 5.0%(消費税率4.0%+地方消費税率1.0%)

         ↓ 

≪平成2641日以後≫

     8.0%(消費税率6.3%+地方消費税率1.7%)

         ↓

≪平成27101日以後≫

     10.0%(消費税率7.8%+地方消費税率2.2%)

  

★ただし、これら税率の引き上げに際しては、経過措置がとられます。

 平成26年4月1日以後の5%から8%への引き上げの際に講じられる経過措置

 主なものを以下に例示します。

  

◆主な経過措置

以下の場合には現行税率5%が適用となります。

 

@    旅客運賃や映画・演劇の入場チケット代

乗車や入場がh26.4.1以後であっても、料金をh26.4.1前に領収している場合は現行税率適用。

 

A    請負工事・資産の貸付など

h25.9.30までに締結した工事(製造含む)の請負に係る契約や、資産の貸付に係る契約などで、

一定の条件に当てはまればh25.10.1以降も現行税率適用。

(もしも御社でこういった契約などを結ぶ予定があれば、契約日にご注意ください!)

  

★これら各経過措置の適用関係の詳細については、今後政令で定められてゆく予定です。

 

株式会社 創明経営のご紹介

デザインセンタービル入口
経営計画策定支援については、上原会計事務所関連会社であります株式会社創明経営にて行っております
その他、相続のご相談、不動産や事業承継に関するご相談などのコンサルティング業務を行っています。
詳しくは「椛n明経営」をご覧ください。

免責事項

上原会計事務所および株式会社創明経営のホームページで掲載されている情報は、掲載日時点での税法等に基づくものであり、一般的な取扱いについて掲載しています。税務判断は個々の事例によって変化するものです。また税制は常に改正がされているため、過去の記事については現在の税制とは違ってくる場合もございます。税務の判断をする際には、必ず顧問税理士や税務署にご確認をお願いいたします。当ホームページの情報によって誤った判断、解釈をされてしまった場合においても、当事務所では責任を負いかねますのでご了承ください。