h29.01集合写真初回のご相談は無料です! お気軽にお申込みください! 

お電話でのお問い合わせは>>>0263-88-2514 

メールでのお問い合わせは>>>http://www.uehara-k.com/category/581903.html

 

 

【29.07.11】従業員を募集します!

■■■募集要項■■■  

  

一緒に当社を盛り上げてくれる従業員を募集しています!

開業して12年の新しい会計事務所ですので、その分自分の考えが通りやすいと思います。

業務を通じて、専門知識を身に着けることができます。

またお客様から感謝されることも多々あり、やりがいがあります!

会計・税務の知識を身に着けたい方、

勉強する意欲のある方、

将来当事務所を支える、前向きな方の応募をお待ちしています!

 

 

 

 

募集中!!

@正社員

現在募集しておりません

Aパート(総務)

現在募集しておりません

Bパート(税理士)

職種  税務会計業務

 税務会計補助

総務事務

 

税務会計業務 

 

仕事内容 

 ・お客様の会社に訪問し、税務会計の支援およびご相談に対応していただきます

・決算申告業務

・会計処理業務

・税務会計補助作業

・総務事務

・来客応対

・電話応対

・書類整理など

・決算申告書の作成

・決算申告書のチェック

・税務会計に関する作業

・税務相談対応

 経験

今回は、1年以上の経験者を募集します

 *税理士科目合格者

歓迎 

未経験でも可能

会計事務所経験者歓迎 

税務会計業務の経験者

今までに チェック業務の経験がある方

 雇用形態 正社員  パート 

パート 

 学歴 不問  不問  不問 
 必要なスキル

・日商簿記2級以上

・普通自動車免許

・パソコン基本操作(ワード、エクセル、メール、インターネット)

・日商簿記2級程度

・普通自動車免許

・パソコン基本操作(ワード、エクセル、メール、インターネット)

・ワードで図などの作成できる方、パソコンに強い方歓迎

 

 ・税理士

・もしくは税理士と同等の資格か経験をお持ちの方

・パソコンが使える方(パソコンでの会計入力・税務申告書作成等に対応できる方)

・普通自動車免許

 

 賃金

能力・経験に応じます 

通勤手当は当社規定により支給します

能力・経験に応じます

通勤手当は4時間以上勤務日につき、1日当たり200円支給(通勤距離2キロ以上)

 

能力・経験に応じます

通勤手当は4時間以上勤務日につき、1日当たり200円支給(通勤距離2キロ以上)

 

 加入保険等 雇用・労災・税理士国保

厚生年金・特退共済 

加入要件を満たした場合にのみ加入

加入要件を満たした場合にのみ加入 
勤務時間 

原則 8;45〜18:00

*繁忙期は変形労働時間制をとっています。

*30分または1時間の前倒し勤務も可能にしています 

13:00〜17:30

週5日勤務を原則としますが、ご都合をご相談ください 

9:00〜17:00の中で

週2日程度 

週10時間〜15時間程度

で業務量に合わせて

*会計業界をリタイヤされて、少ない勤務時間でお勤めしたい方、歓迎

 

休日 

平成29年度 124日

土日 祝日 週休2日 

  
 試用期間  3か月  
 その他      

応募方法

採用試験

まずはお電話ください 

書類選考 面接 

筆記試験

まずは お電話ください

 まずはお電話ください

 

 *求人内容の詳細は、ハローワークの求人票をご覧下さい

 *ご不明点はお問い合わせください(担当:所長税理士 上原   電話:0263-88-2514 )

 

 

 

 

29.09.10遺言書セミナー

遺言書の考え方・書き方・遺し方
=実行される遺言書を書こう=
9月10日(日)長野県松本市にて、セミナーを開催いたします!
 
詳細はこちら

社員募集のお知らせ

【平成29年7月更新情報!】正社員募集のお知らせ
一緒に当社を盛り上げてくれる従業員を募集しています!
詳しい募集要項につきましては、こちらをクリックして下さい

 
 

講師出張サービスのご案内
h29.01会議風景講師出張サービスします!

上原会計事務所では講師出張による従業員様向けの勉強会サービスをおこなっております。
「従業員に伝えたい事があるけど、上手く伝えられない」、
「経営数字の考え方を学んでほしいけど、教えられない」など
経営者様のお悩み解決策の一つとしてお使いください。詳細はこちら

免責事項

上原会計事務所および株式会社創明経営のホームページで掲載されている情報は、掲載日時点での税法等に基づくものであり、一般的な取扱いについて掲載しています。税務判断は個々の事例によって変化するものです。また税制は常に改正がされているため、過去の記事については現在の税制とは違ってくる場合もございます。税務の判断をする際には、必ず顧問税理士や税務署にご確認をお願いいたします。当ホームページの情報によって誤った判断、解釈をされてしまった場合においても、当事務所では責任を負いかねますのでご了承ください。