長野県松本の会計事務所 上原会計事務所 若手女性税理士/相談しやすい会計事務所/相続・青色申告決算・税金対策・パソコン会計
[1]トップページ
[2]当社の考え方
[3]最新情報
[4]お役立ち情報
[5]情報発信!
[6]事務所ご案内
[7]
│報酬料金

[8]個人情報の取り扱い
[9]リンク
[10]お問合せ
[11]0263-88-2514

[*]前へ  [#]次へ

【社長との経営計画策定作業の一日】

「丸一日、お時間いただけませんか?

実は当社、経営計画ソフトを導入したのです。

社長のお考えをまとめるのにいい機会ですから、是非利用してみませんか?」

そうお願いして、社長およびその後継者の方に同席していただき、

経理の方にご協力いただきながら、5ヵ年中期経営計画策定を一緒に行った。

 

朝9時より開始予定でしたが他のご相談が先行したため、開始は午後1時から。

段取りのご説明から入り、経営計画の目的をまずはご説明し、

その後徐々に社長のお考えを引き出していく。

 

社長の経営に関する思い、今後やっていきたいこと、お考えのこと、

今推し進めていること、そして問題と思っていること、、、

策定作業を進める中で、どんどん話がでてくる。

 

後継者の方も社長の話に耳を傾ける。

たぶん今までは社長の思いを、ここまで明確に聞いたことがなかったのではないか

 

数値計画に入ると、熱がこもってくる。

取引先ごとに目標数値を立て、そのためにいつ何をしていったらよいのか、

何が足りないのか、意見が交わされる。

 

計画とは少々離れるが、会社内部の問題点もあがってくる。

◇毎月の経理情報が上がってくるのが遅い

◇営業体制が整っていない

◇目標達成を確認するしくみがない

それぞれ対策が話し合われ、今後改善をしていくことになった。

 

そして最後に社長は

グループ会社各社についても、是非経営計画をつくりたい

とおっしゃった。

詳しい感想などはお聞きしなかったが、

この一言が、社長のお気持ちをあらわしているのではないか。

 

終了したのは午後7時過ぎ。

それでも時間がたりない感じであった。

(平成20年7月策定 東京都 株式会社○○(匿名)様  策定支援者:上原)

 


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
長野県松本市の税理士事務所 上原会計事務所 若手女性税理士/経営計画・相続・遺言トップページ