長野県松本の会計事務所 上原会計事務所 若手女性税理士/相談しやすい会計事務所/相続・青色申告決算・税金対策・パソコン会計
[1]トップページ
[2]当社の考え方
[3]最新情報
[4]お役立ち情報
[5]情報発信!
[6]事務所ご案内
[7]
│報酬料金

[8]個人情報の取り扱い
[9]リンク
[10]お問合せ
[11]0263-88-2514

[*]前へ  [#]次へ

書面添付制度

税理士法第33条の2第1項に規定する添付書面(以下省略して「書面添付」といいます) は、税理士がその企業の税務申告を行う上で確認した内容などを記載し、 申告書とともに税務署へ提出するものです。

 

【書面添付のメリット】 

・税務調査が少なく、また調査自体が簡単になる可能性があります。

・税務調査が行われる際に、事前に税務署から調査内容等が知らされ、 税理士側が意見を十分に述べることができます。

 その結果、調査自体が行われない可能性もあります。

・税理士からの保証書ですので、税務署からの信頼度も高くなり、企業の評価の向上につながります。

 また金融機関からの評価にもつながります。

 

 【書面添付に書かれている内容】

・申告書作成の上で、重要な事項について、どんな書類を確認し、 どんな計算や整理をしたのか。

・前年と比較して顕著な増減が見受けられる事項について、 具体的に、どのような理由から増減したのか。

・会計処理方法に変更等があった事項について、具体的に、 どのような理由から、 どのような方法に変更したのか。

・相談に応じた事項について、具体的に、どのような相談があり、 それに対してどのような指導又は確認をしたのか。

 大まかには以上の内容を記載し、申告書に問題はありませんよという事を税務署側に伝える内容となります。

 

 


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
長野県松本市の税理士事務所 上原会計事務所 若手女性税理士/経営計画・相続・遺言トップページ